ありたんぼ.com

語学、旅などを主観的に書いてます。

海外旅行

バックパックで海外へ1人旅をする際に役立つ荷物5選

投稿日:2017-03-28 更新日:

Pocket

こんにちは。
旅行する前はいつも荷造りで時間かかりますよねー。僕もいつも直前とかに荷造りしてしまうタイプで、何を持っていけばいいのか最後まで悩む人です。

服、タオル、歯ブラシあたりの生活必需品はさっと決まるのですが、他に何か旅で使えそうなのないかななどなってしまうんです。
実際持って行っても使ってない荷物ってありますよね。荷物を減らしたいバックパッカーにとっては痛い悩み。

僕はヨーロッパに3週間バックパッカーとして行って、役立った荷物がついにわかりました!
なので今回は、生活必需品以外に実際に持って行ってよかったと思った荷物をまとめてみました

これから1人旅をする人は参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

1) モバイルバッテリー

どの記事にも当たり前のようにランクインするモバイルバッテリー
海外旅行においてモバイルバッテリーは必須と言っても過言ではありません。スタバなどで充電できる場所があれば良いのですが、かなりの確率で席が埋まっていることが多かったです。

僕はモバイルバッテリーを持って行かずに本当に後悔してました。
具体的には電源がなくなると…
・迷った時に目的地がわからない
・Google Mapをスクショしたのに見れない。
・どこに行きたかったか地名もわからない
・写真が撮れない
・出会った人と連絡先が交換しにくい
・音楽が聴けない

音楽が聴けなくなるのはまだ良いですが、地名がわからなくなるのは致命的ですね。1人旅の場合は地獄。。。

また寒い場所に行くと携帯が冷えてしまい、バッテリーの減りが尋常じゃないほど早くなります。中には急に落ちるなんてこともざら。

僕がフィンランドにいた時は雪は降るし、風は強い日が続いていたので、携帯を冷やさないように常に身体に近いところで温めてましたよ。その当時はモバイルバッテリーを持っていなかったので。モバイルバッテリーさえあれば、気にせず使えたのになあ。

なのでモバイルバッテリーは、旅行をする際に忘れないようにしましょう!

2) 2つ以上の財布

「財布はみんな持ってるし、1つで十分」と思うのが普通ですよね。アメリカの場合はドルだけだし、ヨーロッパで使われるのはユーロだし不要!

ですがヨーロッパに行く人は気をつけてください!
というのもEUに加盟していても自国通貨を使っている国が意外と多いんです。僕が行ったハンガリーやスウェーデンはユーロかと思っていましたが、ユーロではないんです。
EUでもユーロを使うこともなかなかできず、結果スウェーデンの通貨とユーロのコインが混ざってしまうことに。
特に海外あるあるとして、やたらコインが使えず溜まってしまうこともあり、使い分けられる財布がないとどんどんコインが増えていきます。

なので通貨が違う国、2か国以上行く方は使い分ける財布は必須

3) ポケットティッシュ

ポケットティッシュはあると本当に便利です
例えば冬に外を歩いていると寒すぎて鼻水が出てきたり、ちょっとした物を拭くときに活躍します。
海外でもティッシュは手に入りますが、日本製のティッシュの方が圧倒的に質が良く柔らかいですね。鼻セレブみたいな高めのものでなくても、駅前で配っているティッシュで十分。

僕はガムの処理で、ティッシュを使っていました。僕は口直しなどで結構ガムを噛む人なので。

道路に吐こうと思えば吐けましたが、個人的にアジア人は汚いというレッテルを貼られたくなかったのでティッシュに包んでいましたよ。
箱のティッシュでも持って行けばよかったなと思ったほどです。

4) インスタントの味噌汁

インスタントの味噌汁は意外と忘れ、かつ海外ではなかなか手に入らない物です。カップラーメンは潰れやすいですが、味噌汁はその点問題なし。

あまり荷物にならない上に、お湯さえあればいつでも飲めます。基本的にキッチンが使えるホステルが多いかと思うので、マグカップや持参しなくても大丈夫。セットの味噌汁だと何杯でも飲めます。

旅先の夜などにふと一呼吸置きたい時に、インスタント味噌汁があるかないかでリラックス度が変わってきますね。

僕はフィンランドのホステルで、友達に電話をしながら味噌汁を飲んでましたよ。なんでしょうね。海外で味噌汁を飲んだからか、本当に日本食が好きだなと感じました。

また現地で会った人へのお土産にもなるので、ぜひ持って行ってくださいね。

5) 日本からのお土産

盲点になりがちな日本からのお土産
旅先ではどのような人に出会うかわかりません。例えばホステルで仲良くなることもあれば、観光地でたまたま会うなんてこともあります。
その際に何か思い出になるような日本ならではの物を渡せるかどうかは、旅以降に仲良くなれます。

僕の場合は日本のハチマキや味噌汁、普通の柿ピーとわさびの柿ピーの2つを持って行きました。日本のハチマキは意外とウケが良かったですね。
ハチマキは自分用と友達用の2枚持って行って、つけて写真を撮るなどしてましたよ。

日本のお金・硬貨もあげるのも良い手です。穴が空いている硬貨はなかなか海外ではないのか、5円か50円を渡すと喜びます。「なんで空いてるの?」と聞かれるので、その時の準備も合わせてすると良いですね。

まとめ

海外へ1人旅でする際にぜひ持っていきたい荷物5選をまとめました。
どれも必ずしも持って行く必要のある荷物ではありませんし、荷物だと考えるならば必要ないかもしれません。

ですが旅先で不便しないよう、より良い旅を送るためには今回紹介した5つは必須なのではないでしょうか。

特に日本からお土産は、現地で会った人との友情をより強いものにします。本当にハチマキ持って行ってよかったなと今でも思ってますよ。

ぜひ旅先での生活を快適に楽しんでくださいね。

それではまた今度!

スポンサードリンク

-海外旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

フィンエアーAY72便で成田空港からヘルシンキ空港まで搭乗レポート

成田空港からヘルシンキまでフィンエアーで行ってきました。フィンエアーはフィンランドの航空会社。海外の飛行機だと「無事に行けるの?」、「機内食がまずいんじゃないの?」とか思いますよね。でもフィンエアーは問題ない!日本の航空会社に負けないくらい快適に過ごせます。フィンエアーに乗るか迷っている方はこの記事を参考にしてみてくださいね。

スウェーデン・アーランダ空港からストックホルム中央駅まで電車で行ってみた

Arland Expressを使って、スウェーデン・アーランダ空港からストックホルム中央駅まで行ってみました。駅の雰囲気から切符の買い方もわかるので、ぜひ本記事を読んでみてください!

【2018年版】ヘルシンキ空港から市内まで電車の乗り方・切符の買い方をまとめてみた

空港から中心地に移動するまでって大変ですよね。特に海外の電車とかバスとかのシステムは全然わからない。しかも言語が通じない。それはフィンランドでも同じかと思います。なので、今回はヘルシンキ空港から市内までの電車の乗り方と切符の買い方をまとめてみました。画像付きで切符の買い方を紹介するので、参考にして電車に乗ってみてくださいね。

【徹底調査】フィンランドで有名なビールを飲み比べてみた!

フィンランド人はビールが大好きで、サウナの中でもビールを飲むほどです。そんなフィンランドには一体、どんなビールがあるのか、美味しいのか気になりますよね。そこで今回は、フィンランドで有名なビールを飲み比べして見ました。フィンランドだからこそ味わえるビールがあるはず。この記事を参考に、フィンランドに行ったら、ぜひビールを飲んでみてください。

【2018年】スウェーデンの物価事情をスーパーで徹底調査してみた

物価が高い国の1つと言われるスウェーデン。旅行するとなると、やはり現地でどのくらいの食費が掛かるか、現地の物価事情というのは気になりますよね。今回はスウェーデンの首都ストックホルムのスーパーで物価事情を徹底調査をしてきました。なのでこれからスウェーデンへ旅行行く方、移住される方はぜひ参考にしてみてください。