ありたんぼ.com

語学、旅などを主観的に書いてます。

英語学習

アメリカの語学学校の授業でも扱われるTED動画10選まとめ

投稿日:2017-04-01 更新日:

Pocket

こんにちは。
英語を勉強している人なら絶対知っているTED。映画で有名なTeddy bearの方ではないですよ(笑)。TED Talksです。

僕がアメリカの語学学校、ESLで留学していた際に、学校の授業でもTED動画を扱われるくらい英語学習者には良質な動画なのです。
TEDの良さは、「トピックが非常に面白い」「プレゼンテーションの質が良い」、「聞き取りやすい英語」、「字幕がある」だと思います。

よりナチュラルな英語を学ぶことができる上で、語彙も伸ばすことができるというこの上ない学習ツール。

英語を学んでいる方向けに、語学学校の授業で実際に扱われたTED動画を10個紹介します

今回、取り上げた10個のTED動画を何回も見れば、英語が伸びますのでぜひ見てくださいね。

スポンサードリンク

1) デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」

動画時間 : 3分

一般的にリーダーたる人は何か物事を始める偉大で、重要な人物だと思われていますよね。ですがデレク・シヴァーズは社会運動を始めて、そして大きくするには追随者がもっとも大事であると話しています。

最初のアホをリーダーに変える追随者こそが、社会運動では大事ということを極端に動画で説明をしています。

アメリカの語学学校でこの動画を使って英語学びましたが、語彙・スピードともに決して難しくはないですね。

動画の内容も非常に面白く、かつ3分という短さなので飽きませんよ。

2) セバスチャン・スラン「Googleの自動運転車で目指していること」

動画時間 : 4分

セバスチャン・スランは18歳の時に交通事故で親友を亡くすという出来事から、開発を始めた自動車運転。すでに22万キロも自動運転で走っていたり、複雑なサンフランシスコの街を走れるようになるほど進歩しているのです。

この動画を見て、そう遠くない未来に自動運転の車が普及するだろうなと感じましたね。

この動画もアメリカの語学学校の授業で学びました。かなりゆっくりでかつ区切って読んでくれるので、非常に聞き取りやすい。

初心者向けの動画かと思います。少しアクセントがあるような気がしますが、そこまで気になりません。

3) ケヴィン・アロッカ 「バイラルビデオが生まれるメカニズム」

動画時間 : 7分20分

Youtube トレンドマネージャーのケヴィン・アロッカによる、爆発的に流行る動画の仕組みを説明する動画です

この動画を見ると、ケヴィン・アロッカが説明している爆発的に流行る動画の仕組みとピコ太郎が爆発的に売れた理由がマッチしています。

また動画の中で説明ありますが、”Friday”という曲が金曜日にヒットしたという流れは面白いです。授業中に先生含め多くの生徒が笑ってましたよ。なので、ぜひみてくださいね。

ネイティヴの英語はこのくらいのスピードですので、慣れれば日常会話でも問題ありません。何度も何度も聞いて慣れることをお勧めします。

4) エイミー・カディ 「ボディランゲージが人を作る」

動画時間 : 21分

エイミー・カディのとにかく長い動画でなんと21分。非常に長いのですが、内容の濃い動画です。

内容は簡単に言うと「Fake it until Make it」です。

就活やプレゼンテーションなどで緊張すると誰でも、無意識のうちに丸くなってしまうんです。自信がある時は真逆で胸を張って、背筋がピンと伸びています。これは生物学的には当然のことのようですが、僕はこの動画を見て初めて気付きました。

この動画を見返したとき、ちょうど就活中で緊張しても体が丸くならないように伸ばしてましたよ。

本当に気持ちがナーバスになったりしている方や、これから一仕事!する方にオススメの動画です!

5) マット・カッツ「30日間チャレンジ」

動画時間 : 3分半

TED動画かなり有名なマット・カッツの「30日間チャレンジ」。
30日は何かを習慣とする上でちょうど良い期間、言い換えるとその習慣を変える上でもちょうど良いとも言えますね。

マック・カッツ自身、小説を書いたり、ハイキングをしたりと挑戦しています。目標は何か大きいものである必要はないです。例えば通勤、帰宅中に英語のリスニングの勉強をするのでも良いと思います。30日間毎日やれば習慣となり、その次の30日間も毎日通勤中英語を聞いてるでしょう。その積み重ねが大きいものを生み出します。

英語は非常に聞き取りやすく初心者向けですね。

6) マーク・ベゾス「ボランティア消防士が語る人生の教え」

動画時間 : 4分

消防士の格好をしてプレゼンをするマーク・ベゾス。彼自身の消防活動を通して学んだことを面白おかしく話していきます。
その中で火事現場に到着して同僚は犬を助ける一方、マーク・ベゾスは、靴を取ってくるように言われます。

ですが最終的にその靴を取ったことを家の所有者から感謝されるのです。犬の救出よりも。そこから教訓として小さい任務であっても、最終的にその任務が重要になると語っていますね。

この動画の英語も非常に聞き取りやすく、初心者向けです。英語がわからなくても、面白いので内容が入ってきますよ。

7) セレステ・ヘッドリー「上手に会話する10の方法」

動画時間 : 12分

上手に会話をするために、多くの人は「相手の目をしっかり見る、面白い話題を考える」などといったことをアドバイスするかと思います。ですがセレステ・ヘッドリーは、必ずしもそのアドバイスが良いとはないと言います。

このTED動画の中で、人と上手に会話をするための方法10通り紹介しますが、どれも会話をする上で役立つ内容なので、ぜひ参考にしてみてください

英語は非常にナチュラルですね。プレゼンテーションも非常に上手で説得力のある話し方をしているため、プレゼンテーションの勉強としても良いのではないでしょうか。

このレベルを容易に聞き取れるようになれば、英語圏での生活に困らないと思いますよ

8) アンジェラ・リー・ダックワース 「成功のカギは、やり抜く力」

動画時間 : 6分

アンジェラ・リー・ダックワースは様々な人を調査するうちに成功する人には共通点を見つけました。それは「やり抜く力」です。どんなに才能があっても、それを磨くための努力をし続けなければ成功することはできません

やり抜く力が大切なのはスポーツでも、勉強でもなんでも同じかと思います。

アンジェラ・リー・ダックワースの英語はものすごくナチュラルで、先生をしているということで発音もかなりクリアです。
英語も1日で伸びるというようなウルトラCはありませんが、やり抜く力を大切に毎日地道に、地道に努力していきましょう!

9) リチャード・セント・ジョン「成功者だけが知る、8つの秘密!」

動画時間 : 3分半

リチャード・セント・ジョンが語る「成功者だけが知る、8つの秘密」に迫るTED動画です。このような成功するために必要なことを取り上げる動画はTEDには山ほどあります。その中でこの8つは外すくことのできないのかなと思います。

先ほど取り上げたTED動画で「やり抜く力」が大切だと取り上げました。その「やり抜く」ために必要な要素だと思います。自己啓発なのでこれを見て成功するために頑張りましょう!

このTED動画はプレゼン資料を移した場面が多く、あまりリチャード・セント・ジョンは映りません。海外の大学の授業を受けているようなつもりで、大切なところをノートに取りながら聞いてみるといいかもしれませんね。

10) アリアナ・ハフィントン「成功の鍵とは? もっと睡眠をとりましょう」

動画時間 : 4分

成功するためのTED動画をすでに2つ紹介しましたが、最後にもう1つ紹介します。現代では多くの人が残業しており睡眠不足は当たり前になってますよね。それがあたかも美徳かのように。成功するための鍵は、睡眠を取るということです

アリアナ・ハフィントンは睡眠を取れば、創造的、活動的になると言っています。

確かに睡眠不足の日はどうも非生産的でぼーっとすることさえありますよね。僕自身もあまりに睡眠取らずに試験受けたら、大学のテストの成績が良くなかったり(笑)。

成功するために睡眠の大切さを説いているTED動画で、一度は観る価値ありますよ。


僕がアメリカの語学学校に留学していた時に、授業で扱ったTED動画10個を紹介しました。
今回取り上げたTED動画は自己啓発系が多いかと思いますが、初心者から上級者まで楽しめる動画になっているので見てくださいね。

字幕をつけて何度も何度も聞くことで英語力を上げることができますよ!

それではまた今度!

スポンサードリンク

-英語学習
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

「留学中に英語が伸びない」と悩んでいる方に役立つ5つの英語学習法

「留学中に英語ができるようにならない!」なんて伸び悩んでいる方はいるのではないでしょうか。そんな悩みが解消できるように、留学経験者の僕が英語の勉強法を5つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

【決定版】英語の発音に悩んでいる方へオススメしたい最強の参考書2冊

「英語の発音がうまくできない」「ネイティヴみたいに発音したい」なんて思っている方へオススメしたい参考書2冊を取り上げました。この参考書をやればすぐ発音が良くなるので、やらない理由はありません。ぜひこちらの参考書で発音を勉強してみてください!