【お知らせ】最新記事が投稿されました

ダックス好き必見!ドイツ・パッサウにある「ダックスフント博物館」に行ってきた

dachshund11

こんにちは。
先日、ドイツを旅行してきました。
ドイツの街中では、ダックスフントを散歩している方が非常に多かったです。
犬好きでなくてもダックスフントの多さに気づくレベル。

というのもドイツはダックスフントの原産国なんです。
そんなドイツはバイエルン州に、2018年からダックスフント博物館が開館されました。
ダックスフントだけに特化した、ダックスフント好きのための博物館。

オープン以来、世界中のダックスフント好きが訪れています。
僕自身、ダックスフント好きではないのですが、犬好きなので行ってきました。

なので、実際にダックスフント博物館を紹介していきたいと思います。
知っている方はほぼいないと思うので、機会があれば行ってみてくださいね。

ダックスフント博物館の概要

ダックスフント博物館は、英語だと「Passau Dachshund Museum」です。
ダックスフントの飼い主によって、2018年に開館。2018年のオープンから、まだ1年程度のため、まだまだ新しい博物館です。
しかし、オープンしてから、世界中の121の地域から人々が訪れています。少しずつ有名になっていきてはいるよう。

気になる博物館ですが、一般的にイメージする大きい博物館というよりは、こじんまりした感じ。
一般的な大きい博物館を期待して行くと、がっかりするかもしれません。

当たり前ですが、本物のダックスフントがいるわけではないです。ただダックスフントの人形、置物など2,000種類以上の展示物があります。
また博物館入口には、ダックスフントのボールペンやキーホルダー、フォーク・スプーン置きなどのグッズ売り場がありますよ。
ダックスフント好きによる、ダックスフント好きのための博物館になっています。

ダックスフント博物館までのアクセス

まずダックスフント博物館の場所ですね。
ドイツはパッサウの街中にあります。パッサウと言われても馴染みないですが、ミュンヘンから電車で2時間程度。
オーストリアとの国境沿いにある小さな都市です。

博物館自体はパッサウ市内の中心部にあります。パッサウ中央駅から徒歩10〜15分くらいで着きますかね。
バスでも行けるようですが、正直あまり変わらないので、歩いて行った方が良いです。しかも歩きながら、パッサウ市内も楽しめるかと思うので。

ダックスフント博物館を紹介

さっそく、パッサウにあるダックスフント博物館に行ってきました。
僕の場合は、パッサウ中央駅から徒歩で15分程度。ダックスフント博物館に着くと、いきなり現れます。

dachshund1

こちらが博物館の外観です。
看板があったりと、そこまで強調はしていないです。
しかし博物館入口の周辺には、ダックスフントの置物で溢れています。

dachshund2

例えば、ダックスフントの置物ですね。
赤ちゃんの置物が背中に乗っているのかわいい!
入口は見ると階段になっていますが、端には犬用の階段なしの道がありました。

dachshund3

外からですが、中の様子はこんな感じです。
入って正面に、受付があります。受付の奥が博物館になっています。
ちなみに、この画像から見えるものは、全てダックスフントのグッズ。

dachshund4

ダックスフントのペンや筆箱、マットなど数多く置いてありました。
もし知り合いにダックスフント好きがいたら、お土産で絶対買うべきです。
それではさっそく、博物館内に入っていきます。

dachshund5

ちなみに、館内の展示物をみるには5ユーロ必要です。
入場料を払うと、ダックスフントのポストカードがもらえます。

dachshund6

ひとたび、足を踏み入れと、館内はもうダックスの世界です。
金と銀で輝く、ダックスフントの置物。

dachshund7

アップで見てみると、こんな感じで全部がダックスフントになっています。
1匹くらいは他の犬がいるかなと思ったのですが(笑)

dachshund8

背中にホットドッグが入っている置物がありますね。
ダックスフントはソーセージドッグという愛称があるくらい。胴体がソーセージに似ているからのようです。

dachshund12

この置物では、ソーセージが首に巻き付けられてます。
それ以外にも、右側の置物が前足を上げていて、かわいい!

dachshund9

家の入り口とかに置いてありそうな、シンプルなダックスフントの置物が無数にあったり、

dachshund13

上に顔がやばそうなダックスフントがいたり、

dachshund10

ダックスフントのおもちゃなどもありましたよー。
このおもちゃってよくトイザらスとかで見てたけど、ダックスフントだったんですね。

dachshund11

そして、博物館内には、黄金に輝くダックスフントがいます。
神々しくて、思わず写真をパシャり。大きい置物の王冠がかっこいい!

博物館内はそこまで大きくなく、あっという間に見終わりました。
入り口付近に戻ってくると、世界地図があります。その世界地図には、博物館を訪れた方の出身国がピンで刺されていました。
国でなくても、日本からなら都道府県で刺さっていないところがあれば、刺してみてくださいね。

定員の方もかなりフレンドリーで、ダックスを飼っているなら話かけてみてください。
ダックス好きとして話が盛り上がりますよー。

まとめ

以上、ドイツにあるダックスフント博物館を紹介しましたー。
最初は、博物館にあまり期待していなかったのですが、思っている以上に良かったです。
1つ1つの展示物がかなり濃く、男性であっても思わず「かわいい」と思ってしまうものばかり。

博物館に足を踏み入れてから、外に出るまですべてダックスフント。
かなり楽しめましたので、パッサウに行く機会があればぜひ行ってみてくださいね。

ダックスフント博物館の情報
博物館名:ダックスフント博物館(Passau Dachshund Museum)
住所:Passau Dachshund Museum, 1, Große Messergasse, 94032 Passau, Germany

アクセス:Passau Hbf から徒歩15分
TEL:(+49)851-30439
営業時間: 10:00~16:00
※12月24日/25日、1月1日は休館
入館料:学生3ユーロ、大人5ユーロ、12歳以下は無料

※公式サイト:https://www.dackelmuseum.de/homepage-english.html

それではまた今度。