【相談受付中】LINE@始めました!

プラハ空港から市内までの行き方を紹介する!バスと電車で格安に行こう!

バスの中

こんにちは。
先日は、チェコのプラハに行ってきました。
日本人にとってチェコといえば、チェコスロバキアで馴染みのある国ですね。

チェコスロバキアとチェコ人に言うと怒られるので気をつけましょう。

それはさておき、海外旅行の最初の難関は「空港から市内へのアクセス」ですよね。
理由としては、「移動疲れ」、「交通システムがわからない」、「重い荷物がある」などで大変です。
僕も初めて行く国には、必ず徹底的に交通システムを調べてから行ってます。

プラハでも、もちろん調べながら簡単に安く行く方法を探しました。
なので、本記事ではプラハ空港から市内までの行き方を紹介します。

結論から言うと、個人的にはバス+電車がオススメでした。
それではみていきましょう!

プラハ空港から市内までの行き方は3つある

プラハ空港からプラハ市内までの行き方は3つあります。
調べたところ、以下の3つ。

  1. タクシー
  2. 直行バス ※エアポートエクスプレス
  3. 市内バスと電車(メトロ)

直行バスもあるので、
「疲れた方」
「お金に余裕がある方」
「夜中に着いた方」

については、直行バスで行きましょう。安くかつ簡単に行くことができます。

ただ僕は、「疲れていない」、「お金に余裕がない」、「お昼に着いた」の三冠王。
なので今回は、「市内バス+電車」で行きました。
乗り継ぎはあるのですが、全然難しくないですね。

行き方の詳細としては、下記になります。

  • バス119番
    – プラハ空港 〜 Nádraží Veleslavín ※バス終点
  • メトロAライン
    – Nádraží Veleslavín 駅 〜 Muzeum 駅 ※目的地

バス100番でも行けますが、今回はバス119番で紹介していきます。
一緒にプラハ空港から見ていきましょう!

空港からプラハ市内までの格安手段は「バス+電車」

ということで、プラハ空港にやってまりました。
バスと電車ということで、まず切符を買います。一緒の切符でバスと電車に乗れると思ってください。

券売機

券売機は黄色い機械ですね。
どれでも良かった気がするけど、僕は一番右で購入。

言語選択の画面t

右上にある国旗を見て、イギリス英語にします。
英語にしたら、「Buy tickets」を選択しましょう。

料金

そうすると、時間に応じた金額が出てきますね。
この時間帯は乗り放題というような意味です。

24hrsの画面

僕は1日観光する予定だったので、「24 hrs」を選択。
3日間以上、プラハに滞在される方は「72 hrs」の方がお得です。「24 hrs」を3枚買うと、330 CZKになり、20CZK損しますからね。

またここで、合わせて「現金払い」か「クレジットカード払い」か選びましょう。

合計金額の画面

僕はクレジットカード払いにしました。
項目と金額を確認しましょう。確認できたら、領収書の「Print receipt」を選択。

クレジットカードでの支払い

次に、支払いに移ります。
右側にあるので、クレジットカードで支払っていきます。国際ブランドは、VISAまたはMaster Cardになっていますね。
クレジットカードを挿入して、PINコードを入れると購入完了!

切符の受け取り

切符が出てくるので、受け取ればおしまいです。
クレジットカードを引き抜くことを忘れないように。早速、バス停へ向かっていきます!

プラハ空港からNádraží Veleslavínまでバスで行く

切符を買ったら、バス停に向かっていきましょう。
バス停は空港の外のロータリーみたいなところにあります。

プラハ空港の外

空港の外はこんな感じですね。タクシーの勧誘は、No Thank Youで乗り切ります。

バスの標識

基本的にバスの標識がありますよ。
なのでこの標識に従っていけば、すぐ見つかります。

空港のバス停

ほら、簡単に119番のバス見つけられますね!
ただこのまま乗車すると無賃乗車になってしまいます。

刻印する機械

買った切符を近くにあるこの機械に入れて、有効期限をスタートさせないといけません。

刻印された切符

切符を挿入すると、日付が刻印されるのでこれで安心。ただ差し込むだけなので、小学生でもできますよ。一応、バスに乗車してからでも刻印できます。
そして、早速乗車しようとすると、、、

バスが去った後のバス停

バスは無情にも待ってくれず、行ってしまいました。
変なところ時間に拘らなくていいのに。。。1本逃しても、割と頻繁にきますよー。

バスの中

割とすぐバスが来て、乗りました。
下車するバス停は終点なので、119番のバスに乗ればあとは座っていればOK。15分〜20分くらいで到着しますよー。
ちなみに、市営バスにWi-Fiはありませんでした。

終点に到着

はい、Nádraží Veleslavínに到着!
ここからはNádraží Veleslavín 駅へ向かいます。

バス停からプラハ市内まで電車で行く

Googleのストリートビューで見ると、ここに到着します。赤いのが到着するバス停ですよ。
駅まではバスで来た進行方向とは逆に進んでいきます。

駅へ向かう様子

基本的にみんな駅に向かっているので、付いていけば良いかなと思います。
電車はメトロのため地下鉄。左上にある緑色の標識に、「A」ラインと書いてあることを確認。

階段を降りるおじさん

みんなと一緒に、下に降りていきますよ。
この前の方は明らかに観光客だとわかるので、市内に行くかと思います。
そこから、基本的にこのおじさんに付いていきました(笑)。

駅の中

階段を降りていくと、こんな感じ。
早く歩きすぎて、おじさんを抜かしてしまい迷ってしまいました。しかし、その時は標識とスーツケースを持っている人を探すと良いです。

Aラインの標識

Aラインの標識がありましたね。
駅名も「Nádraží Veleslavín」なのでバッチリ合っています。

再びおじさんの様子

エスカレーターを下ると、しっかりおじさんもいました!

ホーム

プラハのホームに着くと、雰囲気ある感じです。
右側が1番線で、左側が2番線。そんなこと言われても、どっちにいけば良いかわからないですよね。

駅情報

もちろん、日本と同じように駅情報はありますね。
現在の駅は、白くなっているところです。

今回僕の目的地は、Muzeum。なので1番線の電車に乗って行きます。

正直、東京の複雑な電車に乗り慣れている方からしたら簡単ですね。新宿や渋谷はどんだけ複雑なんだよ、って思いました。
あとは電車来るのを持って、電車来たら乗るだけです。

Muzeum駅

Muzeum駅に到着!
7駅12分だったので、あっという間。正直、めちゃくちゃ簡単に市内へ到着できました。

プラハの春

ちなみに、Muzeumの近くにはプラハの春で有名な「ヴァーツラフ広場」がありますよー。矢沢永吉もここでライブしたみたいです。
ぜひ、行ってみて下さいね!

まとめ

以上、プラハ空港から市内までの行き方を紹介しました。
お金に余裕がある方は全然バス一本の方が楽です。

ただ時間的にはあんま変わらないので、少しでも安く済ませたい方は今回紹介した行き方でも良いですね。
正直、東京の電車に慣れている方なら楽勝ですよ。難しいところは一切なかったです。

ぜひ参考にしていただけたらと思います。
プラハ旅行を楽しんでいただけますと幸いです。

それではまた今度!