【お知らせ】ブログのコミュニティ始動

プラハ観光を満喫ならここ!僕が厳選するオススメの観光地8選まとめ

プラハの街並み

ありたんぼ

こんにちは!アメリカ人より陽気な「ありたんぼ運営者」です!日常生活から海外旅行の情報発信しています^^

今まで、10か国以上のヨーロッパの国々に旅行しました。
その中でもTOP3でオススメできる場所は「チェコ・プラハ」です!
プラハは中世の街並みが残り非常に綺麗で、そこにいるだけで歴史を感じることができます。

とはいえ、ほとんどの方が「チェコ=ビール」ではないでしょうか。
もちろん、僕もその一人で、チェコへビールを飲みに行ったようなものです。

ただ、実際に訪れると見所のある観光地が割と多かったのです。
そこで、プラハで人気の観光地を厳選しました!

ぜひ、プラハへ旅行される方はご参考にしていただけたらと思います。

旧市街広場(Staroměstské nám)

旧市街の像

旧市街広場はプラハの中心地で、ツアー客などの観光客がたくさん集まる観光地です。
広場の周りにはレストランや屋台があったり、芸をしている方などで賑わっています。

クリスマスシーズンにはクリスマスマーケットの会場になり、巨大なツリーなどが置かれます。
僕が行ったときは夏でしたが、クリスマスどころか記録的な暑さでした。。。

ありたんぼ

あのとき、30度後半から40度近くで、しかもホテルにクーラーも扇風機もなくて死んでた・・・

また旧市街広場には、天文時計やキンスキー宮殿などの見所がたくさんあります。
天文時計は次に紹介しますね。

旧市街の景色

プラハ旧市庁舎の塔から見るプラハ市街は絶景です。
この中世の街並みは何度見ても美しい!

天文時計

天文時計

プラハ旧市街広場での代表といえば、天文時計ですね。
今から600年以上前の1410年の天文時計で、戦争などを通しても未だに動いているんです。

時計は天体の動きを表していたり、ヨーロッパのサマータイムにも対応していたりもします。

また、毎日9時〜23時から1時間ごとにキリストの12使徒が出てきます。
そこまで、「おーすごい!!!」という感じではないですが、観光客がものすごく集まります。

カレル橋

カレル橋

カレル橋は1402年に完成した、中世の歴史を感じさせる石橋です。
新・旧市街がある東側」と「プラハ城がある西側」の間を流れているモルダウ川に架かっています。

1841年まで、このカレル橋なしでは旧市街とプラハ城を行き来ができなかったのです。
橋の途中には、フランシスコ・ザビエルなど数多くの聖人像が立っていたり、歴史を感じさせる石橋。

日中よりも夜、ライトアップされると綺麗なので、そのタイミングでも行ってみてくださいね。

プラハ城

プラハ城の広場

ギネス認定されている世界最古・最大のお城「プラハ城」。
世界最古ということから、ローマ帝国時代、第二次世界大戦など、さまざまな歴史的背景を駆け巡り、今に至ります。

アメリカの元大統領であるオバマの核廃絶は、このプラハ城の広場で行われました。
チェコ国民のみならず、世界中でも歴史的な場所となっています。プラハ城にはスタバがあり、かなりの観光客で賑わっていました。

プラハ城の教会

また、イメージする「お城」とは少し異なり、教会・宮殿などが合わさり、お城となっています。

ジョンレノンの壁

ジョンレノンの壁

知る人ぞ知る観光地、ジョンレノンの壁です。
ジョンレノンの哀悼とチェコの自由を示す壁として有名になっています。

チェコの自由の象徴ではるのですが、その一方、観光客が非常に多かったですね。
写真の通り、この壁一面は自由に書き込みが許されており、いろいろな文字が書き込まれていました。

特にカップル系の「LOVE」が多く、自由ではなく、もはや愛の象徴かと思いました。

ジョンレノンの壁で撮影

日本代表としてぱしゃり撮ってもらいました。結構、恥ずかしかったのはここだけの話。

ありたんぼ

日本代表のユニフォームだから、至る所で声かけられました。狙い通りです(笑)

ペトシーン展望台タワー

塔

プラハの街並みが一望できる60mほどの展望台。
個人的には、一番といっていいほどのオススメ観光地ですね。
旧市街の塔から街並みを見ることは可能ですが、プラハの東西の見所を一望できるのはこの展望台のみでした。

プラハの街並みを一望

基本的に階段で頂上まで全て登っていきますが、筒抜けなので途中で写真なども撮れますよ。

現金のみだったのですが、展望台の中にATMはあります。
また学生食証を提示できれば、割引も可能です。

ヴァーツラフ広場

プラハの春

プラハといえば、思い浮かべるのが「プラハの春」ですね。
学生時代に社会や政治経済で誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

そのプラハの春が行われた場所が、ここ「ヴァーツラフ広場」です。
特に「これ」という特徴はないのですが、国立博物館から一直線で見渡せる広場。

余談ですが、このヴァーツラフ広場で矢沢永吉がゲリラライブをやったことがあるらしいです!

KGB Museum

KGB Museum

旧ソ連時代の歴史を勉強するなら「KGB Museum」も、1つの観光地。
KGBとは泣く子も黙る「ソ連国家保安委員会」です。

中には、旧ソ連時代の武器などが展示されており、実際に武器を触れたりできます。
私自身、旧ソ連時代に興味があるため、とても勉強になりましたね。

ただ、このMuseumですが、特徴があるので注意が必要です。特徴はタイムテーブルがあるため、その時間帯以外は基本的に受け付けてもらえません。
時間になるとオーナーが一人で旧ソ連時代の話をし始めます。ただ、かなりロシア語なまりの英語なので、聞き取るのが相当難しいです(笑)

オーナー

オーナーの力説 ※ブレてすみません

その中でも旧ソ連側の視点での話が聞けたり、オーバーリアクションでの一人劇が始まったり、不謹慎ですが割とくすっときます。

エンターテイメントとしてなら行っても良いと思います!

まとめ

以上、プラハでおすすめの観光地を紹介しました!
個人的にはぜひ一度は行ってもらいたい場所で、特に街並みは何度見ても飽きないですね。

特に、ペトシーン展望台タワーからの一望は一生ものだと思います。
物価も安いので、ぜひプラハへ行ったら今回紹介した観光地に行ってみてください。

それではまた今度。