ありたんぼ.com

語学、旅などを主観的に書いてます。

エストニア ヨーロッパ 海外旅行

エストニアの歴史が知れる!エストニア野外博物館を1周してみた

投稿日:2017-06-26 更新日:

Pocket

こんにちは。
エストニアの歴史はかなり濃く、町中でエストニアの歴史を感じ取れます。

その中でもエストニア人の昔の生活を感じ取れる場所が”Estonia Open Air Museum“、日本語だと「エストニア野外博物館」です。

エストニアの民族博物館で、17世紀〜20世紀のエストニア人が使っていた生活用品、家などが展示されています。
現在でも実際に人が住んでいるかと思うくらい、そのまま再現されているんです。

エストニア野外博物館の場所ですが、

タリンの中心街からバスで20分程度にあります。

タリン市内から気軽に行ける距離なので、エストニアの歴史を感じるために是非行ってみてくださいね

スポンサードリンク

エストニア野外博物館を1周してみました

というわけで、エストニア野外博物館に到着しました。

この建物が受付兼入り口、出口です。
中に入って左手でチケット売り場で、右手はお土産売り場。

金額は、夏の期間だと6ユーロ冬の期間だと4ユーロ
学生の場合はこの金額から1ユーロ引いた額となっています。

このエストニア野外博物館は1周1キロか3キロくらいあるので、チケットを購入する際に、店員の女性の方がマップベースで簡単な案内をしてくれました。

なのでその店員さんがチェックしてくれた場所を回るだけでも十分ですね。

営業時間は場所によって異なりますが、
4月から9月までは10時〜20時
10月から4月までは10時〜17時

となっています。

細かい詳細は公式サイトをチェックしてみてください。

そしてチケットを買って建物から出ると

いきなり雪だるま。

これは冬限定なのかな?
僕が行った時は2月で全然晴れないとのこと。幸いなことにエストニア野外博物館に到着した時は晴れていました。ですが前日に雪が降ったので足元が非常に悪い。

ちょっと歩いただけで靴がぐちゃぐちゃになり、長靴が欲しかった。。。地球の歩き方やサイトで見ると緑が生い茂ってたのになあ。

道をまっすぐ進むんで行くと、

日本でいう縄文時代くらい古いエストニアの家が姿を見せます。
真ん中にある気はおそらく井戸水をくみ上げる時に使うのではないかなと思っています。

もっと家屋に接近するとこんな感じですね。中にも入りましたが、特に何もなく空間でした。
そこを後にし進んで行くと、賑やかそうな建物があり、

中を覗くとレストランでした。
1人だった僕はチキって行きませんでしたが。エストニアの料理が食べられるようで、次回行ったら食べてみたいですね。

そのレストランの横には、休憩する場所もありますよ。
家族憩いの場所みたいな雰囲気はありましたが、2月はシーズンじゃないからなのか、誰もいなかったです。でも夏になると観光客とか家族連れで席が埋まるかなと。

そして海へ向かって歩いていくと

ちょっと壊れてる風車!!!
なぜだか風車があると一気にヨーロッパ感が出てくるのは僕だけですかね。
ゼルダの伝説とかにも出てきそうな感じ。裏から登ってみたけど、壊れそうでめちゃくちゃ怖かったです。

この風車の後、適当に家の周りの写真を撮りながら散策をしていると、
胡散臭そうなエストニア人のおじいちゃんに声をかけられました

昔のエストニアの家がどんな感じか見ていく?と言われ、そのまま中に。
その時は内心、
「どうせお金取られるんだろうなー」
とか
「アジアのカモだわ〜」
とか本気で思ってました。

ですが全くそんなことなかったんです。

家の中に入ると、

昔はこういうキッチンで料理をしたり、お湯を沸かしたり、

こういう机で食べたりとか、してたんだよという話をたくさん話してくれました。

その中で日本人の年配の方がたまに来るみたいで、
話を聞くと「写真ばかり撮って、全然コミュニケーションをしようとしない」と言ってましたね。
英語を話せないという年配の方は多いから、仕方ないかなとは思います。

逆に英語を話せれば、世界中の人と仲良くなれるし、考え方や文化の違いがより深くまで理解できます

これは僕が英語を学ぶ意味ですし、これからも言語を学びたいというモチベーションですね。

エストニア人のおじいさんと別れた後、

フィンランド海をゆっくり見たり、

寒い中、猫が歩いていたり、

鹿注意?の看板があったり、

乗馬しながら博物館内を回れたり、

エストニアの昔のお洒落な家を見て回ったりして、無事に入り口まで戻ってきました。
1時間〜2時間くらい非常にエストニアの歴史、長閑さを満喫。

受付にはお土産屋もありますよー。
服やエストニア国旗、マグカップも売っていたので、僕は国旗を買いました。
国旗を買うくらい好きになってしまったということです(笑)。

そのくらいエストニアの満喫できる場所、エストニア野外博物館でした。

まとめ

半日使ってエストニア野外博物館を回ってみました。
僕が行った時は2月とシーズンオフ+平日だったので、民族ダンスといったショーはなかった気がします。

ですが喧騒な場所から外へ出て、エストニアの昔の生活を楽しみながら、リラックスするのに本当に良い場所

次回エストニアに行く時は夏の緑が生い茂っていて、民族ダンスのショーがあるときに行きたいですね。
行って損はないので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

それではまた。

スポンサードリンク

-エストニア, ヨーロッパ, 海外旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

3週間、ヨーロッパを1人旅したら楽しすぎた話【1週間目】

3週間ヨーロッパへ1人旅してきました。フィンランドから始まった旅行を週ごとに振り返っていきます。追体験して、みなさんが旅行したくなるような記事になれば幸いです。

【2018年版】ヘルシンキ空港から市内まで電車の乗り方・切符の買い方をまとめてみた

空港から中心地に移動するまでって大変ですよね。特に海外の電車とかバスとかのシステムは全然わからない。しかも言語が通じない。それはフィンランドでも同じかと思います。なので、今回はヘルシンキ空港から市内までの電車の乗り方と切符の買い方をまとめてみました。画像付きで切符の買い方を紹介するので、参考にして電車に乗ってみてくださいね。

エストニアってどんな国?エストニア・タリンの魅力を全力で紹介します

「エストニアってどういう国?」という方が多いですよね。一般的にあまり馴染みのない国。この記事では、エストニアのタリンに行って僕が感じた魅力をたっぷり紹介したいと思います。ヘルシンキから1時間で行けるので、ぜひエストニアに訪れてみてくださいね。

JALでフィンランドへ!成田空港からヘルシンキまでが快適すぎた。

世界で評判の良い航空会社、JAL。世界で評判良いけど、実際のところJALってどうなの?10時間も乗るけど、大丈夫?という方もいるかと思います。僕はそんなJALに乗って、成田空港からフィンランドにあるヘルシンキまで行ってきました。なのでこの記事では、JAL搭乗するところから、機内の設備、機内食まで徹底的にレポートします!ぜひ参考にしてくださいね。

【日帰りで行ける!】フィンランドからエストニアまでフェリーで行ってみた

フィンランドからエストニアまではフェリーで行ってきました。ヘルシンキからタリンまでの切符の買い方やフェリー内の施設、役立つ情報を紹介したので、ぜひ読んでみてください。